模型道具|カッター

模型道具の定番 カッターと替刃、マットはこれ

広告

カッター普通刃30°

学生時代から失くさずにずっと使っている模型用のカッター普通刃30°

 

  NT カッタープロシリーズ AD-2P

切るものは、スチレンボード、スチレンペーパー、ボール紙、ドライフラワー、マーメイド私、アクリル板、ドラテや、固まったスチノリを剥がすなど。

 

余程じゃない限りはあまり持ち替えず、この1本でなんでも切る。

自分の指先がわりのツール。

いったん30°刃に慣れてしまうと、最初からセットされている45°刃は刃先が太くて使いづらい(狙いづらい)

黒刃は高い

黒刃はスパッと切れる。(刃の先端断面が、より薄い)

黒刃は焼入れしてるから刃が黒く、硬く、力を入れても刃がぶれにくい特徴がある。

高性能だから、普通刃より黒刃の方が値段が高い。

 

模型精度を維持するためにカッターの刃を折る回数かtが多いので、気兼ねなく折れることはとても重要。

 

なので黒刃30°が理想的だけどコスパが悪く、そこは妥協して普通刃にする。

使いやすさに重要なのは先端の細さだと思ったし、あとは手の技術の問題。

周りもみんな普通刃30°だった。クラス内も、オープンデスク先の設計事務所も。

 

むしろ黒刃30°を使うのなら模型精度が一番じゃないと。

一番じゃなければ、模型作りの能力が低い「模型ヘタクソ」ってことになる。

 

本体が細すぎて使いづらい派もいるけれど、この細さはとても手に馴染む。

小さな手の女性ならなおさらだと思う。

 

模型用道具だったけれど、あまりに使いやすくて普段使い。

事務作業でのファイル背表紙を作るときは重宝、より精度が高められる。

 

最近100均で似たようなカッターがあるけれど(付属の刃は45°)刃先がブレるからあまりお勧めしない。

使い比べなければあまりわからないけど。

もちろんきれいに作っちゃう人もるんだろうけど。

NT カッタープロシリーズ AD-2P
エヌティー(NT)
¥660(2020/07/13 18:55時点)
よくなくしてしまうよね、カッター

カッターマット

ちなみにカッターマットはオルファ製が好み。

 

オルファ(OLFA) カッターマットA2 (450x620x2mm) 159B

刃先がマットに当たるときの感触、しっとりした質感がすごく好き。

傷も目立たない。サイズは大きい方がいい。

両面使える優れもの。

汚い場所で 道具で きれいな模型が作れるわけがない

カッターにしろマットにしろ、道具は丁寧に扱いたい。

特にマットは汚したまま、貼り付けたまま、消さないままの人多かった。

もちろんきれいに作っちゃう人もいたけれど。

タイトルとURLをコピーしました