1級建築士試験の学校選び 横浜校はNSどっち

そろそろ建築士試験の資格学校をどうするか悩ましい時期ですね。

どちらに通うか決まりましたか?

 

予算や周囲の様子、立地など検討要素はさまざまです。

 

資格学校の大手、総合資格学院(S)日建学院(N)について

両方通ったので校内の様子などまとめました。学校選びの参考になると幸いです。

主に学科を軸としています(大事なのは製図より学科だと思う)

広告

一級建築士試験 対策 資格学校えらび@横浜

SNどちらの場合も校舎によって雰囲気や合格率など変わるようです。

わたしが通ったのはNSどちらも「横浜校」です、あしからず。

【わたしの1級建築士 受験履歴】学歴+実務経験|1級初受験|2級なし未受験

  • 平成28年(2016)学科  合格:総合資格 ←初受験突破の奇跡
  • 同上 製図 不合格:総合資格
  • 平成29年(2017)製図 不合格:日建学院
  • 平成30年(2018)製図  合格:日建学院 ←学科免除の最終年でやっと合格

わたしは学科は初年度の合格、製図は角番3年目の合格でした。

フッカ

初受験でストレート合格なんて難易度高すぎです

学科を初年度突破できたことは、わたしの中でかなりの奇跡でした。

資格学校の立地 総合資格・日建学院

総合資格学院 最寄りの改札から徒歩5分

日建学院 最寄りの改札から徒歩10分以内

電車の利用路線で改札位置が大きく変わります。どちらもさほど遠くはありません。

フッカ

ちょっと位置がうまく調整できなかった

学科試験対策の講座はコースにもよりますが、総合資格は11月から、日建学院は2月から開講ですね。

「学校どっちにするか問題」は「5ちゃんねる」の資格学校別スレッドから様子を見るという方法が一般的になりました(みんな見てるよね)

そこもチェックした上で、このユーザーレビューも流し読みしましょう。

わたしは総合資格学院を選んだ

わたしは総合資格で学科突破できたけれど、勧めるかと聞かれたら「日建でもいい」と答えます。

高いから。

 

総合資格を選んだ理由

  1. 過去に接した日建学院の営業マンがしつこく良い印象がなかった
  2. 費用が高額な理由を、分析や対策や勉強方法に力を入れているのだろうと勝手に思っていた
  3. たまたま周りにいる資格取得者がみんな総合資格だった

なるほど、たいして検討していません。

総合資格の名前をよく聞いていたし、一般的っぽいから特に心配していなかったというのが正直なところです。

1級独学は最初から考えていませんでした。専門卒で学歴がないわたしは勉強に自信がない。

 

また、2大資格学校の他に小規模のTACなどありますが、費用が安い分、内容は大丈夫かと不安のため最初から選択肢にはありませんでした。言い換えると、調べていなかっただけ。

周囲でTACを利用した人がいなかったのも、選択肢に入らなかった理由です。

 

そのほかの検討項目・理由など

    1. 基本の学費が高額である
    2. 試験日に大型バスで試験場に乗り付けるので快適で便利
    3. さらに有料の特別講座が開かれる(不安を煽ってくるタイプ)
    4. 必要なのは直前対策講座だけ(と終わってから気づく)
    5. 横浜校の校舎は年季が入っている(日建は新しいきれいなビル)
    6. 製図道具は置きっぱなしができない(その都度持ち帰り)(日建は置きっぱOK)
    7. 授業によって教室が変わるのでちょっと面倒(別ビルと併用)

・質問のたびに手を触れてくる講師がいた(地味にストレス)
・わたしはすべての講座を買いました+20万くらい?それくらい不安だった。きちんとやっていれば不要な講座だった。

学科突破に影響したこと

わたしが総合資格で合格できたのは、たまたま一緒に勉強する仲間ができたからだと思っています。

勉強内容的には日建も総合もどちらも変わらず、いかに自分が勉強に取り組むかだけです。

友人に勧めるなら日建学院

実際に日建の講義を受けたわけではありませんが、受験勉強は結局のところ本人がやるかやらないかの違いです。

勉強の仕方、環境など、2年目に日建に切り替える際に話を聞いたけれど、講義内容にあまり違いを感じなかったので拍子抜けしました。あの金額は何だったのかと。

講義内容はあまり変わらないし、安い

なので、どちらかと聞かれたら日建を推します。

総合資格より安いから。

あとねー日建のビルの方がきれいなんだよー快適空間、トイレもきれい。試験前は長時間過ごすようになるので地味に大事。

総合資格の様子

総合資格の横浜校は規模が大きいので、積極的に講義に参加しないと他人事の感覚になりやすいのが注意点です。

人が多い分、仲間は見つけやすいかもしれないけれど、熱心な人とそうでない人の差が大きかったように思います。

年齢層は20代が多かった。比較的若い

人が多いことの良し悪しは判断が別れると思います。

わたしは自分の怠ける性格を警戒して、距離感詰めて勉強したかったので前方の席にいました。

日建学院の様子

日建学院は規模が小さいので適度な距離感だと思います。

年齢層は、総合資格より上がります。ちょっとおじさん感が強くなります。

その理由としては、価格が低いので、2度目3度目の既受験者が集まりやすいためです。

ずっと総合資格に通うなんて費用が無理。

あとは、製図は道具の置きっ放しができて、ビルが新しくてきれい。

学科試験勉強中の様子|総合資格学院

誰とも話さず、ただひたすら問題を解いていました。

同じ目標の仲間同士、和気あいあい、なんて存在しません。

 

あるのは凄まじい緊張感だけ、喋ってるやつらうるさい、というくらいの殺伐。

あのプレッシャーがあったから勉強したけれど、だから独学なんて無理だと思った。

 

試験が7月なので4月から残業なしの協力を要請し、試験直前は有給をすべて使う。

 

試験対策の中でも一番高額なので、めちゃくちゃ本気です。

時間もお金も派手に費やす。人生で一番勉強したのがこの試験。

7月はみんな痩せて顔がシュッとする。腹回りがすっきりする試験勉強ダイエット。

 

70人のクラスで学科突破は15人くらいでした。2割。

辛かったーーーー試験終わってよかったーーーー。

まとめ

金額による講義内容の差はあまりなく、それよりもいかに自分が勉強するかが大事です。

なので、NかSどちらかなら安い方。

 

もうひとつ大事なのは気分が乗る方、これ大事。

営業と仲がいいとか、友人と通う(これは賛否両論)、学費補助が出るなど、気持ちよく通える方がいいと思います。

自分が納得できれば高いも安いも関係ないのだから。

 

学費高い!なんて不満は、合格すればあっさり吹き飛びます。

その資格を持って回収するがよろしいな。頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました