設計事務所への転職を考える前に確認すべき1つのこと

設計事務所を目指したいと考えている人へ

建築は楽しいし面白いから、建築に興味を持つ人が増えるのはとてもいい。

 

建築への思いが強過ぎて、設計事務所だ!と盲目的になっていたら、いったん落ち着いて。

ちょっとココアでも飲んで考えよう。たまにはコーヒーじゃなくココアだ。

ココア > テオブロミン > セロトニン(幸せホルモン) > リラックス効果!

結構見落としがちで、でも根本的なことだと思う。

広告

もう一度考えよう その答えは本当に設計事務所なのか

建築が好き ⇒ ? ⇒ ? ⇒ ? ⇒ 設計事務所

 

自分が設計したいのか、建築を楽しむのが好きなのか

 

そもそも 建築が好き って、建築のなにが好きなのか。

 


 

建築が好き ≠ 設計したい

ノットイコール:等しくないという意味

 

自分で経験してやっと納得できた感覚がある。

建築が好き ≠ 設計したい ←これ

 

建築が好きだから設計したい は強引な結びつけだった。

建築が好き=設計したい これを当たり前だと思っていた。

 

建築に感動して=好きだと思って、だから設計したいと思った。私もやりたい!の挙手。

”お客さんの要望聞いて、法的制限をクリアして、自分の考えをもとに、建築を作る。

それでお客さんが感動してくれたら、なんてすばらしいんだろう、とか思ってた。

私は建築を見ること 体感すること が好きだった

建築のしかけ、そのかたちや配置の意図、そういうのがわかるとテンションが上がる。

アトラクションと同じ。巨大迷路やダンジョン、テーマパークのようなワクワクと同じ。

バイオハザード

建築うんぬんをまだ何も知らない高校生の頃、バイオハザードにハマったのは、建物や街を探検するのが面白かったから。

 

RPGみたいに全体を俯瞰した状態で歩き回るのではなく、

この角を曲がったらどんな街並みが広がっているのか、自分の視界で探検する感覚がとても面白かった。

 

このドアを開けたら何があるのか。どの部屋につながっているのか。

ゾンビが飛び出してくるからいちいち怒ってたけど楽しかった。

 

建物探訪

渡辺篤の建物探訪、なんで人気かって、個人宅が見れるからだよね。

ひとさまのお宅拝見なんて機会は滅多にない。しかもそれが素敵なお家なんだからとても面白い。

しかもめちゃくちゃこだわってんの。本気だからこだわる。ひとのこだわりほど面白いものはない。

理解できないもの、共感できるもの、そういうのが面白いと思って大好きだった。

どれもちょっとキレイすぎる旅行

 

旅行

旅行なんてもう楽しいの極み。場所が違えば形も色も大きさも量も変わる。

そんなの当たり前だと思って気にしていなかったけれど、そういう地味で小さいことが積もって面白いに変化する、あれ、なに?

 

世界遺産、重要文化財、新しい建築、住宅街、門構え、植栽、そういうの全部が楽しい。

 

ちょっと古い旅館に泊まればとにかく探検したいし、謎の階段は登りたいし、庭園も歩き回りたいし、風呂はどこだ、気持ちがいい!ご飯がおいしい!しあわせ!

こういう旅行から始まる全部が楽しい。

巨大迷路、お化け屋敷、そういうアトラクションと同じ。

 

賞賛したい

 

ちょっと言い方悪いけど、誰かが精一杯考えて考えて努力して作り出した建築を

素直に楽しんで、感動して、ここがすごい あれがすごいとフンフンしてるのが面白かった。

 

へえええと感嘆したい、設計者の思想を知りたい、工夫にのけ反りたい。

自分が見たことないものが そこにあること、それに驚かされること。

単純に面白いでしょ、そういうのが好きだった。

 

だから体感する側、鑑賞する側でいたら、建築を素直にずっと楽しんでいられたのかも。

そして建築の大変さを知ったからなおさら、心から賞賛できる。

設計事務所はうわさ通りのハードワーク

事務所はちょっとハードワークすぎて、楽しむ余裕なんてなかった。

 

でも事務所に入ったからには吸収しないと損だと思って、ちゃんと雑誌読んで興味あるフリしてた。

本当はもう関わりたくないと思っていたけど、ひたすら隠していた。

 

無理して自分を騙しているような感じだから、不調を来すのも時間の問題で、来してからは展開が早かった。

あれ、なんの話?

勢いまかせ は体力勝負

これ、自分が建築のなにを好きかを突き詰めずに、ただ好きの勢いだけでコマを進めた結果だと思うのね(今となっては)

 

勢いありすぎると細かいところを飛ばしがちだから、ちょっと真面目に考えてみるのは大事。茶化さないこと。

もし話をするのではれば、同じように建築熱の高い人ではなく、建築以外の人だとか、建築にのめり込むまで行っていない人がいい。

 

周囲との温度差を実感する、くらいでいい。

自分の建築熱が高いということを少し自覚しておくこと。

 

みんな背中を押してくれる。

「やりたいことがあるのは素晴らしい」

「思いっきりやりたいようにやるのがいい」

 

異論なし。わたしもそう思う。それで動いた。

 

実際に事務所で動いていくうちに、考えは変わるし、想像していたのとも違うし、いろんなズレが出てくる。

その時に、そもそも自分が何をしたかったのか、いつでも立ち返られる指標を持っておくのが大事。

 

勢いを味方に飛び込んだあと、その流れにうまくのって、それでも体力勝負なのは変わらない。

 

かっこいいなこれ どこだろう

設計者にならなくても建築を楽しむ方法はいくらでもある

生きてるだけで、もう建築に囲まれているのだから。

趣味:建築 もいいと思う。

新しい建築や、電車から見える街並みや、訪れた旅先に、面白い建築がある。

アートやデザインの重要性はより大きくなっているから、面白い建築はもっと増える。

 

事務所を目指している時から挫折するまで、建築熱が熱々だったころは「趣味:建築」をちょっとバカにしてた。

設計に至らないということを「能力がない」と思ってちょっと生意気だったよね。完全な若気の至り。

 

そういう「趣味︰建築」の人たち、めちゃくちゃ優しいの。すごく褒めてくれる。もういいよってくらいに褒めてくれるんだよ。

その意味が今ならわかる。ごめんなさい。調子に乗ってた。

 

建築好きなら、どの立ち位置でもいいじゃないか。

それでも設計事務所に行く!

建築家になりたいし、だから設計事務所だ、って揺るぎないのなら大丈夫。

周囲の引き留めや、事務所のうわさ話なんて無視だ無視!

不調は無視しないこと

体調を崩す前に手を打つこと。

 

タイトルとURLをコピーしました