SJウニョクのイスはこれ|BKFチェア・ダイヤモンドチェア

2019.11.6 夜 SUPER JUNIOR ウニョクのインスタライブ

部屋に置かれていたチェア/イスが気になったELFはいるかな

そのチェアは世界で支持されている名作です

広告

BKFチェア(通称 バタフライチェア)

アルゼンチンのデザイナー3人の頭文字をとった「BKF」によって1938年に発表され、

1950〜60年代ミッドセンチュリーと呼ばれる時代にアメリカで普及しました。

シートは、しっかりとした強度と厚みのある本革、

フレームは、スチールにより細く軽やかに構成されています。

※ヒョクのチェアはシートが毛皮Ver.(リプロダクト家具)でした。

【リプロダクト家具】意匠権(デザイン権)が切れた家具の、原作デザインと機能を保持した上で、色や素材、製作方法等を変えて復刻させた家具のこと。復刻のベースはあくまでデザイナーへの敬意なので、いかにオリジナルデザインを尊重し崩さないかが重要。

これ!わたしがずっと欲しかったデザイナーズ!欲しくて欲しくてさんざん悩んで、結局 手が届かなかったチェア!!

このBKFチェア、インテリア雑誌などでは屋外に置かれていることが多いんですね。屋外の景色とよく合うので。

贈り物かな?と思ったけれど、明らかにインテリアのcamp的コンセプトに合うから、自ら選んだのかなとも思います。

なのでcampコンセプトに合うのも納得だし、それを部屋で再現しようとしているのがとてもよかった(あんなテイストだと思わなかった)

ハイデザインな空間に置いてあることがあるので(インテリアショップ、美術館…)見かけたら座ってみてね。

BKF Chair ブラックレザー (正規商品)
CUERO(クエロ)
¥149,040(2019/11/20 03:47時点)
ヒョクの部屋のテントのまえに置かれていたチェア

次!もうひとつ名作があったぞ!大興奮

ダイヤモンドチェア

BKFチェアのとなりに置いてあったダイヤモンドチェアです。

これもリプロダクトのようで、メタルワイヤの色がゴールドでした。

オリジナルはシルバーのメタルワイヤですね。

座面シートの色は確認できませんでした

 

イタリア出身の彫刻家ハリー・ベルトイアの名作です。

1952年に発表されたこのチェアは、ワイヤーシェル構造ダイヤモンドのような形からそう名付けられました。

ワイヤーメッシュ曲面によるうつくしさと強度をあわせ持つ作品です。

【ワイヤーシェル構造】直訳すれば針金の貝殻。縦横の針金=フレームで曲面を構成し、フレームに囲まれた部分を薄い曲面板で構成すると貝のような形になることからそう呼ばれています。

ダイヤモンドチェアは背景をデザインとして取り入れるためにワイヤーだけを用い、面をなくしました。

 

屋外に置くと、背景の自然素材とメタルワイヤの人工素材の対比が印象的です。

背景になじみ、メタルワイヤの流線が際立つ優れたデザインだと思います。

イヤのため水はけが良く、屋外やバルコニーに置かれることが多いです。

 

このダイヤモンドチェアも屋外向きなので、campコンセプトにはとてもよく合います。

これらの要素から、名作チェアをヒョク自ら選んでいるのでは、というのがわたしの勝手な憶測です。

というかこのダイヤモンドチェアという名前のせいで「宝石美男かよ」と突っ込まずにはいられなかった。

さすがイヒョクチェア。

名作を選ぶなんて、しっかりデザイン感度が高いんだなと感心したインスタでした。

最初はBKFチェアに興奮したんだけど、よくよく考えるとダイヤモンドチェアの方が印象に残ってしまったので紹介したかったのです。

うんちくにお付き合い頂きありがとうございました。

 

▽SUPER SHOW8 シウォン氏の言葉が経営者っぽかったな〜という話はこちら↓(atさいたまスーパーアリーナ)

No challenge, No change.|SJ SS8 Siwon
SS8 シウォンの言葉について考えたこと
タイトルとURLをコピーしました