猫の火葬を自宅の駐車場でした話@横浜|骨壺は窓辺に並べた

猫の火葬@自宅駐車場

わが家で初めての葬儀は猫でした。

12月の金曜の朝、こたつの中で力尽きた猫。

ガンと診断されてから5ヶ月、最後までかわいいうちの猫でした。

翌 土曜の午前中に火葬、返骨してもらう。

今は骨壺に入ってダイニングの窓辺に鎮座しています。

 

広告

うちの猫が死んじゃった

朝7時すぎ、母が死亡確認して連絡をくれた。

まずは念のための死亡確認

確認することは3つ、人間と同じ。

  1. 呼吸しているか
  2. 心拍・脈があるか
  3. 目に光を当てたら反応があるか

死の様子が明らかだったので、いつも行く病院へは行かず、連絡もしていない。

夕方、母の家に着いた頃には猫の体は冷たく硬かった。

 

確認したらお腹にドライアイス

お腹、内臓まわりに、冷凍庫に転がっているドライアイスが置いてあった。

腸が痛みやすいそう。

 

猫さんをタオルでくるむ

外気にふれると痛みやすいので、ドライアイスを配置してタオルをかける。

 

猫さんを静かなところに寝かせる

花も添えられて、窓際のチェアに寝かせられていた猫さん。

検索した情報だと、棺用の箱を様子するらしいけど、そんなものはなかったのでタオルだけ。

 

火葬か 土葬か 検討

猫が死んだらどうするか。火葬か土葬か。

土葬は自宅庭に埋める、という方法。

親戚と近所の人に聞いたら火葬がメジャーのよう(サンプル数2)

 

火葬にした

  • 親戚夫婦の猫:自宅駐車場で火葬・返骨あり
  • 近所の人の犬:合同葬祭・返骨なし

ハムスターくらいの小さな動物だったら埋めるだろうけど、猫をそのまま埋めるなんて、ちょっといやだ。

あと、骨、欲しい。手元に置いておきたい。

 

ペットの火葬屋さんを探した

  1. インターネットを開く
  2. 「 猫 火葬 地域名 」で検索する
  3. 自分の地域のペットの火葬屋さんを調べる
  4. 返骨があるかどうかを確認
  5. 金額 高すぎず 安すぎず を確認

親戚から聞いたサービスと同じような提供をする業者を見つけた。

 

火葬屋さんに電話した

猫が死んだのを確認して電話。翌日、土曜10時〜に火葬予約。

自宅の庭で火葬設備車による火葬
返骨あり 骨壺つき ¥23,000- 税込(現金当日払い)

行政が行うペット火葬は結局ゴミと同じ扱い、という情報を見つけてしまった。

真偽は確かめていないし問合せもしていない。真偽不明のまま。

猫の火葬で準備したもの

1 ドライアイス。火葬するまでの猫の体を冷やすため。
2 一緒に火葬する好きだった食べ物。→ちゅーる。
3 火葬屋さん。焼いてもらうので。
4 コンセント。火葬の電源として庭にある屋外用か、屋内のコンセントでもOK

火葬屋さんが来た

土曜 朝10時に火葬屋さんが来た。黒い服装の男性と女性ひとりずつ。

猫の名前、命日、体重を用紙に記入。

粉骨して骨壺に納めるプラン。携帯用カプセルは不要なので断った。

 

火葬設備のある軽自動車

駐車場に移動して、火葬の儀。

火葬の電力として家庭用コンセント1口をお貸しする。

猫の火葬@自宅の駐車場

※猫さん火葬後の骨の写真があるので、見たくない人はページを閉じてね

駐車スペースがなければ近くの公園や開けた場所へ移動するそう。

猫の火葬@自宅駐車場

 

猫さんを入れる

一緒に供えたのは生花と紙に移したちゅーる。ビニールは燃えるナントカでダメらしい(曖昧)

猫の火葬@自宅駐車場

 

火葬庫の扉を閉める

お別れ。よく生きました。

猫の火葬@自宅駐車場

 

火葬時間≒40分

猫さんが骨になった。体の大きさで時間が変わる。用紙に体重などの記入欄があったのはそのため。

猫の火葬@自宅駐車場

 

骨を取り出して分ける

どこの骨か説明してくれる火葬屋さん。骨自体も丁寧に扱ってくれます。

 

砕いて小さくする骨

真ん中の骨はアゴの骨!いつも撫でてたところ。このプレートにある骨は砕骨する。

猫の火葬@自宅駐車場

 

砕かない骨

頭の骨の上にある骨は肩甲骨!このプレートの骨は崩さないでそのまま。

猫の火葬@自宅駐車場

 

猫さんの のど仏 確保

のど仏。いつもゴロゴロいっていたところ。そこに人の形をなぞらえた説明をする火葬屋さん。

猫の火葬@自宅駐車場

 

猫さんの骨を砕く

これからアルミ?のチリトリ?シャベル?のような道具でバリバリ砕いていきます。砕く前の写真。

猫の火葬@自宅駐車場

 

砕いた骨を集めて骨壺へ

マグカップくらいのサイズの骨壺。

砕いた骨の上に、かたちそのままの骨をのせる。一番最後に入れたのがのど仏。

猫の火葬@自宅駐車場

 

猫さんが納まる

頭、あご、のど仏の骨で、顔の正面を作る。

猫の火葬@自宅駐車場

 

それっぽい袋に骨壺を入れる

猫の火葬@自宅駐車場

 

火葬終了 窓辺に設置

ダイニング窓のカウンター、観葉植物の並びに加えた。

猫の火葬@自宅駐車場

猫の火葬 しめやかに終了

おかげさまで滞りなく。

10時に火葬屋さんが来て、11時半前には全てを終えて帰っていきました。

 

火葬 全ての所要時間 ≦1.5時間

火葬自体の時間は40分程度、そのほかは説明や準備など。

全部で1.5時間未満でさらっと終わった。

 

火葬屋さんへの差し入れ?

火葬中に、火葬屋さんに自販機のお茶・コーヒーを差し入れ。そのほかは特にしていません。

 

火葬屋さんに支払い@現金

火葬が一通り終わってから支払い ¥23,000-税込

最初から最後まで丁寧に静かに終わった。

骨はどうしようか

骨、どうする?母が死んだら一緒に墓に入れる?と話していた。

火葬屋さんからは、気持ちが落ち着いたら、庭の木のたもとなどに埋めるのを勧められた。

2ヶ月くらいで土に還るそう。2週間だったかな…?うろ覚え。

庭でもいいね、ということだけど、どうするかは未定。

一番長く世話した母がどうしたいかの一存で決める。それまではダイニングの窓辺に。

母がモロゾフプリンのガラス器で水をお供え(この水を他の猫が飲んでるらしいw)

猫の火葬を終えて

業者選びの基準は返骨の有無と金額

同じような内容(返骨あり、個別火葬 猫)で5万のところもあった。

サービス内容が違うんだろうけど、そこまで派手はものじゃなくていい。

そつなく静かに対応してくれた火葬屋さん、とても良かったので次も依頼すると思う。

 

うちにはあと3匹猫がいます。

1匹いなくなった寂しさから、残りの3匹かわいさはひとしおです。

タイトルとURLをコピーしました